イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

「2005年」の名言一覧

1回目がなければ2回目はないわけで、だからこそ、はじめというのは大事だと思います。

2005年、WBC開催の是非を問われたときのセリフ。「WBCをワールドシリーズとおなじぐらい重いものにするためには、時間が必要でしょう。今回、うまくいかなかったらやめるというのなら、やるべきではありません」

僕のことを大好きな人も、僕のことを大嫌いな人も、どちらも、関心を持っていてくれるからうれしいんです。

2005年の年頭のセリフ。「無関心な人は、反応がない。 これではなにをする意味もありませんから」

自分のひとことが、どう捉えられるのか。そこは、どうしても慎重になってしまいます。

2005年の年頭、カメラの前で話すということについてのセリフ。「あらゆる種類の人たちが見るかもしれないと思うと、生放送の重圧と恐怖は耐えられないものがありますよ」

「あぁ、これは、悪魔のささやきなんだなぁ」チヤホヤされると、いつも自分をいましめています。

2005年の年頭に、「ホメられること」について話したセリフ。「いつも、よほどのことがないかぎりは、ホメられたことに乗ってはいけないと思っていたんです」

「まずい」と思っているのに、伝えないのだとしたら、相手は、いいのか悪いのか、わからないままでしょう?

2005年の1月のセリフ。「だから、家でも『おいしくない』と思ったら、本当に食べませんからね」というと、質問相手は「奥さん、たいへんだろうなぁ」とつぶやいた。

すぐに伝えたことは、すぐに忘れられてしまうんじゃないか。考えてもらったあと、伝えたことなら、残るんじゃないか。

2005年の年頭のセリフ。「だから、僕は、シーズンが終わったあとに、自分の考えを明かすようにしているんです」

すぐに、はやく、意図を伝えてしまったのだとしたら、見て、感じて、考えて……という時間がなくなります。

2005年の年頭、観客とのコミュニケーションについてのセリフ。「見ている人には、時間をかけて、考えてもらいたいんです」

プレッシャーは、勝手にかかってしまうものですけど、 立ち向かってクリアしなければ、なにも越えられません。

2005年の10月、5年連続200本安打を達成したときのセリフ。

逃げることはできない。プレッシャーを避けようなんて、バカげています。

2005年の10月、5年連続200本安打を達成したときのセリフ。 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.110出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Amazonで見る

モチベーションが、ほかの選手とは、まったくちがっていたと思います。自分のプレイをスカウトの人に見せなくてはならない。負けるわけにはいかなかった。

2005年のシーズン終了後に、高校時代についてきかれたときのセリフ。「5回戦あたりまでは、いくら打ってもスカウトには評価されませんからね。プロに行くのは、ハンバな気持ちじゃできないんです」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.108出版社:…

みんなは、チカラをあわせて、甲子園に向かっていけるでしょう。でも、僕はひとりでプロという世界に向かわなければならない。

2005年のシーズン終了後に、高校時代についてきかれたときのセリフ。「高校に入る前から、プロになることを第一に考えていました」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.107出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Amazonで見る

同じ苦しむなら、考えて苦しまないといけない。なにも考えないで、ただ苦しんでいても何も生まれない。

2005年のシーズン終了後に、「苦しむこと」についてきかれたときのセリフ。 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.105出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Amazonで見る

とにかく、ムダなことを、考えることですよ。考えて、言葉にしようとしているうちに、パッとひらめく。

2005年のシーズン終了後に、変化についてきかれたときのセリフ。「そうしないと、いつまでもちがう自分なんて現れない」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.104出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Amazonで見る

理屈じゃないんです。体が感じるまま、求めるままにやる。

2005年、少年時代の野球について聞かれたときのセリフ。「こういう理論だからこういうフォームにしろなんて関係がなかったです。だって、自然のままやっていて、ダントツでうまかったんですから」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.103出版社:…

僕は風邪にも弱い、憂鬱にもなる……不調のときは、「仕事なんだ」「責任がある」と奮いたたせるんです。

2005年の年頭、体調と精神の管理をたずねられたときのセリフ。「ふだん、野球は趣味に近いですが、体調が悪かったり、球場に行きたくないときには、「仕事なんだ」と職業意識のほうでメンタルをコントロールするようにしています。ひとつのテクニックですね」

生活の手段になってしまうと、モチベーションが生まれにくい。

2005年の年頭、職業意識について話しているときのセリフ。「それでは、野球の動機が明確に変化してしまいますからね」

プロの選手として前に進んでいくために大切なことは、子どものときの、純粋な気持ちが持てるかどうかです。

2005年の年頭、職業意識について話しているときのセリフ。

不安ですけど、「どうしたらいい?」が活力です。自信満々より、不安のほうが、ずっといいんです。

2005年の年頭のセリフ。「オレ、こんなに練習をしていないけど、 大丈夫なんだろうかと不安に思っているぐらいのほうがいいんです」

僕の内面は、ほとんどが、野球のなかでかたちづくられたものです。

2005年のシーズンオフに、過去をたずねられたときのセリフ。

気持ちも、尊敬している人になりきる。いつも、誰かになりきっていました。

2005年の1月のセリフ。少年時代に野球をしていたときの気持ちについて。「小学校のうちは、自分のかたちなんてありませんからねぇ」

他の人から「これがいい」と、どんなに言われても、少年時代に「これがいい」と思ったものにはかなわない。

2005年の1月、「カレーと味噌汁は、少年時代の記憶に沿うものがいちばんおいしく感じるものだ」と話しているときのセリフ。偏食については「高校時代は、寮生活でしたけど、キライな野菜を皿の下に隠していました。アレは先輩にバレちゃってたいへんなことに…

自分が、どう変化したか。それを見るのは楽しい。

2005年のシーズン終了後に、変化についてきかれたときのセリフ。「こんなふうに変わったのか、と思える自分が現れることがおもしろい」

今回、あらためて実感しましたけど……僕は、ほんとにヒットを打ちたい選手なんだと思いました。

2005年の10月、5年連続200本安打を達成して、打率3割のこだわりはあるかときかれたときのセリフ。「3割ですか、そんなことは忘れていました。安打が打てたら、3割なんて、どうでもいいってね」

もしも、プラスの自分が現れてくれるなら、 考え続けて、苦しんできたからだと思います。

2005年のシーズンオフに、野球観についてきかれたときのセリフ。

四球を増やすより、どうやってヒットに結びつけるのかを考えたほうが生産的だし、打者としての能力も上がります。

2005年、チームメイトが「フォアボールを増やせばイチローは4割も夢ではない」と言ったことについて。

正直いって、「わかってないなぁ」と思います。バッターが歩くのを見たくて球場にくるファンはいないでしょう。

2005年、チームメイトが「フォアボールを増やせばイチローは4割も夢ではない」と言ったことについて。「日本でもそういうアドバイスを受けましたが、シーズンを通してそういう考えかたをするのは、どうかと思いますね」

僕は、メチャクチャいろいろなことを考えますよ。どちらかというと、キャッチャーと勝負していますね。

2005年の年頭のセリフ。「だから、『きたタマを打つ』なんていうのは、まずありません」

あれだけ大きなプレッシャーを感じることは、はじめてでした。84年間続いたという記録の歴史が、そうさせたのでしょうけど。

2005年の年頭、262本安打の世界記録の感触を聞かれたときのセリフ。「1920年と現代では野球も確実にちがいますけど、野球は、数字に挑戦するスポーツでもありますから」

いちばん対応がむずかしかったのは、アメリカの球場の天然芝だったんです。地域、天候、球場ごとの整備状況で、守備を変えなければいけなかった。

2005年の年頭、日米の「ボール」のちがいの話題が出たときのセリフ。「ボールより天然芝にアタマを使わされたんです。人工芝ならボールが一定の動きでやってきますけど」

だいたいの人は、実際会って話をするとビックリされますね。 試合のときとふだんでは、僕はずいぶんちがうのでしょう。

2005年の1月に「うれしさか失望かは、わかりませんが、ふだん、いろいろな人に会って、話をするとかなりおどろかれます」と発言。「もっとクールなのかと思っていた、と100%言われます」

© 2020 ichiro262.com