イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

野球について

僕の内面は、ほとんどが、野球のなかでかたちづくられたものです。

2005年のシーズンオフに、過去をたずねられたときのセリフ。

もしも、プラスの自分が現れてくれるなら、 考え続けて、苦しんできたからだと思います。

2005年のシーズンオフに、野球観についてきかれたときのセリフ。

野球を真剣に続けていけば、もっと先には、ちがう自分が現れるのではないかという期待が、常にあります。

2005年のシーズンが終わったあと、野球についてたずねられたときのセリフ。

野球は失敗のスポーツです。どれだけがんばっても、先はないのです。

2003年のシーズン終了後の言葉です。まだやるべきことがあるということについては、2004年10月、国民栄誉賞を辞退したときにも「大変光栄です。ただ、自分としては、まだまだこれからやらなければならないことがあり、プレイを続けている間はもらう立場では…

妥協をたくさんしてきたし、自分に負けたことも、いっぱいあります。ただ、野球に関しては、それがないというだけで。

2003年のシーズン終了後の言葉です。調子が万全かどうかを聞かれたとき、イチロー選手はよく「万全」ということではなく「体がいい反応をしています」と答えていました。2003年3月には「100%がどこかはわかりません。ただ、今のところは思い通りというか、考…

何年、野球をやっても、勉強することがあるわけです。

2003年7月、ミスをしたときの言葉です。

キレることはないですが、がっかりすることはあります。でも、野球とはそういう要素がほとんどですから。

2004年5月、勝てない日々が続くことについての言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.106出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

© 2020 ichiro262.com