イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

「自分に対する期待」の名言一覧

いつも、恐怖と不安と重圧を抱えています。楽しいだけでは、プロの世界にいられない。

2007年の1月、仕事と重圧についてのセリフ。「野球は好きですし、楽しいですが、それだけではありません。プレッシャーはかかってきますし、いつも、100%でいることを期待されるわけですから」

過去の僕とは、ちがいます。また、新しい可能性を感じました。

2007年9月30日、シーズンを終えたあとの記者会見におけるセリフ。重圧をかけてそれに耐えられるようになったことを示していると思われる。「来年も、期待をしてください」

これまでの6年と、明らかにちがうんです。重苦しい感覚から、抜けだせつつあるんです。

2007年7月10日、オールスターで3打数3安打、MVPの活躍のあとのセリフ。「オールスターもそうですけど、今シーズンは、ちょっと、今までとちがう感覚で球場に立てているんです」

自分が、どう変化したか。それを見るのは楽しい。

2005年のシーズン終了後に、変化についてきかれたときのセリフ。「こんなふうに変わったのか、と思える自分が現れることがおもしろい」

野球を真剣に続けていけば、もっと先には、ちがう自分が現れるのではないかという期待が、常にあります。

2005年のシーズンが終わったあと、野球についてたずねられたときのセリフ。

今は6安打をイメージできる自分になりつつあります。いつかやってみたいです。

2004年9月、イバニエス選手が1試合6安打を記録したときの言葉です。

自分の「形」を作ってからというのは、毎年、自分への期待が大きいです。自分がベストな状態でプレイできる状態に持っていく自信は強いですから。

2002年のシーズン終了後に「苦しかったです。だけど楽しかったです」と振り返ったときの言葉。

僕は、期待があろうとなかろうと進むタイプです。

2004年10月、安打記録達成後に「僕は、やりたいと思ったことはやりとげたいほうですし、まわりの人がいようがいまいが、そのことは変わりません」と言ったときの言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.11出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで…

© 2020 ichiro262.com