イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

気持ちの切りかえ

人のアドバイスを聞いているようでは、どんどん悪い方に行きます。まわりは、前のフォームがどうだったとか言いますが、実はそんなことはたいしたことではなく、精神的なものが大きいと思います。どうやって気分を替えるかとかそういうことが大事ですからね。

2002年6月、スランプについて聞かれたときの言葉です。

絶対に負けないぞと思うことが余計な力になってしまって、なんかこう、しなくてもいいような練習をしてしまったり、ふだんの自分ではない自分がいて苦しんだことがあります。

2002年春、イチロー選手が「いい成績が残ったあと、それをいかに過去のことにしてしまうかが大事です」と言ったときの言葉です。

打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。

2002年のシーズンの後に「ヒットが出ないときに選手がどういうことを考えるかというと、常にバットを握っていたい、それで何かを見つけたいということですが、そういうことをすると、結局、切りかえができなくて、もっと苦しくなっていきます。気分転換は野…

かつては試合が終わってから、チームメイトとごはんを食べに行きたくありませんでした。一緒に食べに行くと、どうしても試合の話になっちゃって、切りかえができませんから。

- 2004年1月、ファンを前に語った言葉です。「今は、アメリカに行ったということもあって、日本の野球選手と会いたい気持ちも、また強くなってきています。もちろん、現在のチームメイトとは、食事に行きたくないですよ、いまだに」 夢をつかむ イチロー262…

今日は、ムダがないというだけです。早く明日になってほしいと思います。こういう結果のときに余韻に浸ったりするとロクなことがありません。

2003年6月、4打数4安打2ホームランの試合のあとの言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.88出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

ヒットを続けて打ったとしても、過去のものだと振り払えれば、次の打席に集中していけますから。

2003年のシーズンオフに「過去のいい打席を引きずっていると、ダメでもいいかという気持ちが生まれてしまうわけです。なかなかいい結果が出ないときも、表情や態度に出てしまうことはあると思います。そこをぐっと我慢をして、変わらない自分を作るべきです…

僕は車が好きだし運転も好きだから、「別に目的はないけど、気分転換に車を動かす」ということは、特に日本では多かったです。

2003年のシーズンオフに、車について「車の中で笑ったり、時には泣いたりすることもありました。ここだけだから、自分だけの空間というのはね。車の中の空間っていうのは、いろんなものが詰まっているのです」と話していたときの言葉です。 夢をつかむ イチ…

試合後はロッカーや車の中で気持ちの整理をします。いい結果も、悪い結果も、家には持ち帰りません。

2003年のシーズンオフに、気持ちの整理について語っていた言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.76出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

いかに、いい成績の記憶をふりはらうかということは大事でしょうね。そういうものを背負うと、自分を苦しめることはわかっていますから。

2002年の春、メジャーリーグ2年目の抱負を聞かれたときの言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.73出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では、「次の打席が大事だ」と思っていました。

2004年、日米通算2000本を達成した直後の言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.72出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

© 2020 ichiro262.com