イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

強いチーム

勝つべきチームが、勝たなければならないと思っていたし、勝つべきチームは、僕らのことだと思っていました。

2006年の3月、準決勝の韓国に3回目で勝利したときのセリフ。「今日、負けていたら、日本の野球の歴史に汚点を残すのと同じです」

みんなの背中が、ちがって見えましたからね。自信がわいたら、こんなに変わるものなのか。

2006年3月22日、WBC日本対アメリカのあとのセリフ。試合前には臆していたチームが、3点を先取して、雰囲気が変わったことを、こんなふうによろこんで表現をした。

びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレイを、確実にこなせるチームは強いと思います。

2001年9月、好プレイの後の言葉です。「あれはむずかしいプレイではありません。ふだんからそういう準備をしているし、それはいつも変わりません」 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.92出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

勝ちパターンにはまらないと勝てないチームには限界があります。いろいろな場面や展開に対応できればチームとしての幅が広がります。

2003年5月、チームの状態を聞かれたときの言葉です。「チームとしての幅が広がっていくチームが、本当に強いチームですね」 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.83出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

© 2020 ichiro262.com