イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

体の反応

バッターには、積極的に打とうと思う体と、 我慢する体の、両方が要ります。

2003年のシーズン終了後の言葉です。「自分がものすごく調子がいいときというのは、ストライクゾーンが、異様に広がるんですよ。でも、実際にそれを打ちにいくと、実は打てない。打てるはずのない球を、打てると思っているから。打てるポイントを、自分で、…

実戦でないとできないことがあります。一瞬の判断は、練習では養われません。

2003年2月の調整についての言葉です。「打とうとした球には体が動いたし、そうでない球に対してはとまりました。あとはボールにどういうふうに入っていくか、その瞬間的な判断とか、風の計算とか、それからリードの幅とかの感覚をつかみたいですね」

打ちたくない球を、勝手に打っちゃうときはあります。アタマでは止めたいと思っているのに、体が打てると反応しちゃいます。それは、しようと思ってやっていることではないのです。

2003年のシーズン終了後の言葉です。「ほんとに打てるところは決まっているのに、そこから外れたものを打とうとする。だから当然、打てないんです。その気持ちをガマンできると、好調が維持できるかもしれないんですよ」

自分の考えていることが外れた球に、どう対応するかです。練習で作った形を100%としたら、70%や80%の力で結果を出さないといけません。

2002年末の、自分の「形」についての言葉。「ゲームでは自分が考えているような球は投げてくれないですから」

妥協をたくさんしてきたし、自分に負けたことも、いっぱいあります。ただ、野球に関しては、それがないというだけで。

2003年のシーズン終了後の言葉です。調子が万全かどうかを聞かれたとき、イチロー選手はよく「万全」ということではなく「体がいい反応をしています」と答えていました。2003年3月には「100%がどこかはわかりません。ただ、今のところは思い通りというか、考…

自分がまったく予想していない球が来たときに、どう対応するか。それが大事です。試合では、打ちたい球は来ない。好きな球を待っていては終わってしまいます。

2003年シーズンオフにおける言葉です。 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.99出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

© 2020 ichiro262.com