イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

「マネごと」の名言一覧

気持ちも、尊敬している人になりきる。いつも、誰かになりきっていました。

2005年の1月のセリフ。少年時代に野球をしていたときの気持ちについて。「小学校のうちは、自分のかたちなんてありませんからねぇ」

はじめは、何かになりきることから。 僕も、いろいろマネしました……。

2005年の1月のセリフ。少年時代にマネした選手を聞いたら、「中日の田尾さん、谷沢さん、ゲーリー、落合さん……ドラゴンズ以外にも、篠塚さん、掛布さん、バースなんかもよくマネしました。いろいろやりましたねえ」とふりかえった。

誰にも、未知の可能性があるはずなんですから、子どもが、僕のマネをしたっていいと思います。

2006年の年頭のセリフ。「イチローのやることを教えても、子どもたちができるはずがないと言われますが、そんなことは全然ないでしょう」

最初はマネごとみたいなところからはじまりますよね。いろんな人のフォームをマネたりして、なんとなく今の自分がいるという感じはあります。

2002年のシーズン終了後の言葉です。人の「形」を別のものにするということについて、2004年には「僕はセオリーを壊してなんぼです。ルールブックには内野安打を打ってはいけないと書いてないですし」という言葉も残しています。

同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結果は違ってくるわけです。

2002年のシーズン終了後の言葉です。「同じ形を真似たとしても、そこで本人が何を感じながらやっているかというのが、結果に大きく関わってくるとは思います」 夢をつかむ イチロー262のメッセージ p.108出版社:ぴあ発売日:2005/3/11 Amazonで見る

© 2020 ichiro262.com