イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

オールスターゲーム

僕の試合前の準備について聞いてきた。あの姿勢を見習いたい。 あれほどの選手がそれをすることに驚いたし、すごいなあと思いました。

2006年7月11日、ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手が、オールスターで、イチロー選手に準備について質問をしてきたことについてのセリフ。「だれでも知っている、あんなにすごい選手なのに、まだ、そんなことが必要なの、と思いました。まだ、そういう…

やりきった。すごく、スッキリしています。

2007年9月30日、238本の安打(今季メジャー最多)、オールスターMVPなどを獲得してシーズンを終えた直後のセリフ。

これまでの6年と、明らかにちがうんです。重苦しい感覚から、抜けだせつつあるんです。

2007年7月10日、オールスターで3打数3安打、MVPの活躍のあとのセリフ。「オールスターもそうですけど、今シーズンは、ちょっと、今までとちがう感覚で球場に立てているんです」

打席に立つときの気持ちは公式戦と変わりません。オールスターの打席に立って満足するような選手はクビですよ。

2004年7月、球宴で二塁打を打ったときの言葉です。

プレイを見るだけで、何を語ろうとしているかわかる選手は、かっこいいと思います。

2004年7月の球宴を前に、クレメンス投手を「しゃべる必要がない」と評しての言葉です。

© 2020 ichiro262.com