イチロー 名言集

日本人初のメジャーリーガー外野手で、MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)のイチロー選手の名言集です。

2022-03-04から1日間の記事一覧

ほんとは、本音に、ふれられたくありません。本音を悟られないことは、すごく大切だと考えています。

2007年の1月、本音についてのセリフ。「だって、それが、人の魅力なんですから。ぼくはわかりやすい人間ですけど、たまには人をダマしてみたいとも思うことがあります」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.115出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Ama…

そのときは、もちろん険悪になります。でも、長いスパンで考えてみてください。

2007年の1月、自分の意思表示をするということについてのセリフ。「ガマンしつづけるより、ずっといいんです」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.114出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Amazonで見る

逃げることはできない。プレッシャーを避けようなんて、バカげています。

2005年の10月、5年連続200本安打を達成したときのセリフ。 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.110出版社:ぴあ発売日:2007/12/19 Amazonで見る

僕の試合前の準備について聞いてきた。あの姿勢を見習いたい。 あれほどの選手がそれをすることに驚いたし、すごいなあと思いました。

2006年7月11日、ヤンキースのアレックス・ロドリゲス選手が、オールスターで、イチロー選手に準備について質問をしてきたことについてのセリフ。「だれでも知っている、あんなにすごい選手なのに、まだ、そんなことが必要なの、と思いました。まだ、そういう…

モチベーションが、ほかの選手とは、まったくちがっていたと思います。自分のプレイをスカウトの人に見せなくてはならない。負けるわけにはいかなかった。

2005年のシーズン終了後に、高校時代についてきかれたときのセリフ。「5回戦あたりまでは、いくら打ってもスカウトには評価されませんからね。プロに行くのは、ハンバな気持ちじゃできないんです」 未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ p.108出版社:…

© 2020 ichiro262.com